まずは弁護士に相談!過払い、交通事故慰謝料、B型肝炎訴訟の相談

離婚問題・親権争いなど家庭の問題も安心解決!離婚、過払い請求、交通事故相談、B型肝炎給付金請求などの相談。大阪、京都、神戸でお悩みの方は今すぐ弁護士、法律事務所へ

TOP > 弁護士 > 企業顧問としての弁護士の仕事

目次

  1. 企業顧問としての弁護士の仕事

企業顧問としての弁護士の仕事

企業顧問としての弁護士は、企業の法律顧問として、企業活動で生じる様々な問題について日常的に相談に応じ、有事の際は責任をもって対応することをコミットする弁護士のことを指します。以下に、その主な役割と仕事内容を挙げてみます:

  • 1. 日常的な法律相談:企業が日々抱える法律問題について、顧問弁護士は常に相談に応じます。これは、労働問題、契約問題、法規制の解釈など、幅広いテーマに及びます。
  • 2. 契約書のチェックと作成:企業が取引先との契約を結ぶ際、顧問弁護士は契約書の作成やチェックを行います。これにより、企業が不利益な条件を含む契約を結ぶリスクを軽減します。
  • 3. トラブル対応:企業が法律問題に巻き込まれた場合、顧問弁護士はその解決に向けてアドバイスを提供し、必要に応じて法的手続きを行います。これには、訴訟、交渉、示談などが含まれます。
  • 4. 社内規定の整備:顧問弁護士は、企業の社内規定や就業規則の整備を支援します。これにより、企業は法律遵守を確保し、労働問題などのリスクを軽減します。
  • 5. コンプライアンス:企業が法律や規制を遵守するためには、顧問弁護士のアドバイスが不可欠です。顧問弁護士は、企業が適切なコンプライアンス体制を構築し、維持するための支援を提供します。
  • 6. M&Aや事業承継:企業がM&Aや事業承継を行う際、顧問弁護士はそのプロセスを法的に支援します²。これには、契約書の作成、交渉の支援、法的リスクの評価などが含まれます。
  • 7. 知的財産:企業が特許、商標、著作権などの知的財産を保護するためには、顧問弁護士の専門的なアドバイスが必要です。

これらの役割を果たすためには、顧問弁護士は企業の事業や企業風土を十分に理解し、法律に精通していることが求められます。また、顧問弁護士は「何かあったときの保険」のように位置付けられることもありますが、それは有事の際だけでなく、日常的に、有事の芽が生じる前にご相談いただくことが、本来のご活用方法であるといえます。企業が顧問弁護士と契約することで、法律問題の早期発見と解決、リスクの軽減、そして事業の安定的な運営を実現することが可能となります。

弁護士関連

安心サポート案内

交通事故について

B型肝炎訴訟

弁護士・司法書士