まずは弁護士に相談!

離婚問題・親権争いなど家庭の問題も安心解決!悩んでいないで、まずは相談しましょう。弁護士は家庭の問題から借金問題など、あらゆる問題をサポートします。大阪、京都、神戸でお悩みの方は今すぐ弁護士、法律事務所へ

TOP > 弁護士 大阪 > 離婚弁護士 > 予約をしてから離婚の相談を

目次

  1. 予約をしてから離婚の相談を
  2. 離婚の親権争い
  3. 理由はあれど許されない言葉の暴力。モラハラ離婚
  4. モラハラ離婚の加害者との交渉は
  5. モラハラ離婚の被害者について
  6. 離婚相談後の連絡について

予約をしてから離婚の相談を

どうしても離婚の相談がしたいという事で、いきなり弁護士事務所に立ち寄っても、弁護士が不在であったり、多忙のためすぐに対応できないという事もあります。ですので、離婚の相談をゆっくりとしたいという時には、弁護士事務所に問い合わせをして、予約を取る事がいいかと思います。

予約をしておくと、弁護士はあなたのために予定を入れずに、じっくりと対応してくれる事でしょう。弁護士にとっても相談者にとっても、ゆっくりと離婚の話をする方がいいでしょう。

後で悔いが残らない様に、慰謝料や子供の事など離婚に向けて話し合う事はたくさんあるでしょう。相談など手続きを一つずつ行い、離婚を成立させたいですね。ネット相談を活用するのもいいでしょう。

離婚の親権争い

離婚という、精神的にも体力的、金銭的にもダメージを与える離婚問題ですが、更に子どもがいる場合は、親権の問題が更に話しが複雑化します。

まずは、どちら側が育てるかと言うことです。
どちらも親権を希望するとなると、更に交渉が難しくなります。
親権を勝ち取ることができたとしても、養育費の問題も交渉が難航することが予想されます。

このような、精神的な問題に、金銭的な問題が重ね合わさるような場合一つずつ確実に解決していくのであれば、法的な問題も含め、第三者からの冷静に見た意見を確認できるというだけでも弁護士に相談し、交渉を依頼することは必要なのではないでしょうか?

どのように離婚を勧めていくのかを話し合った上で弁護士に交渉を依頼することで精神的な負担も軽減が望めます。

過払い、債務整理、離婚について

理由はあれど許されない言葉の暴力。モラハラ離婚

モラハラ離婚で離婚する方は少なくありません。モラハラをする理由は様々で、仕事によるストレスだったり被害者に直接関係ない身勝手な理由もたくさんあります。しかしモラハラを受ける側は、自分が悪いと一方的にご自身を責めてしまうケースがあり、精神的に酷く追いつめられることもあるようです。

仕事や育児もできなくなる前に、一度弁護士などに相談してみましょう。フリーダイヤルや無料のお問い合わせフォームを用意している所もあるので、訴訟に進む前に知りたいことを聞いておくのがおすすめです。ご自身を責めるのはやめ、未来のためにも、解決への一歩を踏み出しましょう。

大阪で弁護士を探すなら「弁護士 大阪」で検索。

モラハラ離婚の加害者との交渉は

モラハラ離婚の場合、加害者は「何が悪いのか一向に見当がつかない」というケースが多く、例えばDVなどが原因の場合には「明らかに非がある」と加害者本人もわかっています。

しかしモラハラは「相手がモラルがないからこちらの言い分を理解していないだけだ」と自信を持っていますので、いつでも「正す立場」であったり「教えてあげている立場」で、相手を有能な自分を理解できない無能さから争いになっていると受け止めていることも多いのです。そのようなスタンスでは話も進みません。被害者は弁護士に相談のうえ、第三者の目で判断してもらい、代理人として相手と話し合ってもらうのが一番スムーズに話が進む方法です。

モラハラ離婚の被害者について

モラハラの被害者は、自分を被害者と思わず、自分が至らないから怒らせてしまうんだという意識がある方が多いものです。しかし、その間違いに気づいたら、離婚を選択することが得策とも言えます。

それは、モラハラというものは治ることがないからです。状況が許すならば、早めに離婚して新たな人生を送ることを選択することがベストとも言えます。モラハラ離婚には弁護士を立てて、のちの人生設計や、離婚後のトラブルに発展しないようにすることが大切です。モラハラ離婚に強い弁護士に相談することで、依頼主が優位に立って離婚へ進められるようにサポートしてもらえます。

離婚相談後の連絡について

法的な機関に離婚相談をしたら、その後は相談者に対して細かく丁寧に連絡をしてくれる法律事務所もあります。確かに、離婚相談後は、結果が出るまでそのままというのではなく、途中経過を知りたい人も多いと思います。

離婚相談後から結果が出るまでに、法律事務所とは何度も電話などでコンタクトを取る機会も多くなるかと思います。離婚相談後の連絡についてはどうするのかという事について法律事務所と話をしておく様にしたいですね。

離婚相談の時には法律事務所を訪問する場合が多いと思いますが、後は電話やもしくはメールなどで連絡をする事が多いので、多忙な人は連絡がしやすい方法や時間帯について伝えておきたいですね。

メニュー

TOP    相続手続き     離婚相談    離婚弁護士    債務整理   債務整理の手続き   過払い 大阪   過払い   交通事故弁護士    交通事故慰謝料    交通事故相談    交通事故    B型肝炎訴訟     弁護士    弁護士 大阪

安心サポート案内

交通事故について

B型肝炎訴訟

弁護士・司法書士